『結論は、サイアク!!』上原さくら 著

このエントリーをはてなブックマークに追加


結論は、サイアク!!』上原さくら 著

 自分は、ちょっと上原さくらちゃんのファンなので色眼鏡で見てしまうところあり、かも知れませんが感想をば。ピンク色が好きで、飽きっぽくって、わがままで頑固でちょっとツンとしてそうで、パッと見のさくらちゃんのイメージの「まんまな」、言いたいことを言って、そんな本。笑いどころはそう多くなく何箇所かしかだけだったんですけど・・・。


 それはさておき「上原さくら目線」を味わえたのがよかったです。やっぱり、この人こんな人なんだぁ〜って、ある意味、いい意味で想像を裏切らないです。夫のことやペットのこと、学生生活のこと、ファンに接するときのこととか、いろいろ。当たり障りない芸能人本。だけど、ファンじゃない人が読んだらちょっと不愉快になるかも・・・な筋あり、かな。う〜。そのくらい強烈なところもありました。シャンプーは「リンス→シャンプー→リンス」の順でするんですって、なぜリンスから?ちょっと不思議。こだわりの強いところも。

 あと、実はさくらちゃんアルバム「Flower Soul」、「Cherish」と2枚出してるんです(知る人ぞ知る!)、歌手だったりもします。歌手になるというのは小さい頃からの夢だったそうで、しかし今、歌手業は?本編でもあった「飽きっぽい」という理由なのかな?と察してみたりします。結構歌うまいんですけどね。読み終えた後の余韻を彼女のCDでも聴こうと思い聴いたんですが、作詞をさくらちゃんが手がけてる曲も何曲かあるので、詞と文章とで同じフレーズ(世界の半分は女の子、とか)が出てきたりして、聴いてて「あっ!」って思ってしまいました。じわりと広がるさくらワールド。CDと併せて読めば、ディープな楽しみ方できます(^^; 230pを2時間半程度で読みました。


 サイト内「上原さくら 結果 書籍」を検索

2005 Oct 26 , 00:43 | 本とかのレビュー | 固定リンク | コメ (0) | TB (0)
<<『おいしいもの、まずいもの、どうでもいいもの-寿司屋のかみさんが教える』佐川芳枝 著

『関門とんねる物語』田村喜子 著>>
 

コメントはありません。
| | URL | | |

* * *


※改行があるとエラーが出るかも知れないので、1行で書いていただけたら助かります









https://renkon.jp/blog/tb.php/638
スパム対策のためリアルタイムには反映されない場合があります。
トラックバックはありません。
| | |

* * *


このページの先頭へ