豆腐業界 初の定義 大豆10%以上「とうふ」 「品質」明確に安売りを防止(日本農業新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加


豆腐業界 初の定義 大豆10%以上「とうふ」 「品質」明確に安売りを防止(日本農業新聞)
定義では、豆腐に含まれる大豆の割合「大豆固形分」を基準に、10%以上を「とうふ」、8%以上を「調製とうふ」、6%以上を「加工とうふ」と大まかに分類する。6%に満たないものや、卵を主原料とするたまご豆腐などは除外する。

 豆腐ってスーパーで見ると安くって美味しいし栄養もまああると思うんですが、安さの理由にはそういった工夫があったんですね。


 逆に今まで食べていた豆腐は一体何だったの?と思う衝撃の事実!そんなに大げさなことはないけど、当たり前に作られてるものが当たり前なもので出来ている、と言うことではないんでしょうね?と、なると美味しい豆腐が食べたくなるので「大豆固形分」は要チェックですね。

 そう言われてみると、一度これがTHE豆腐っていうしっかりしたものも食べてみたくなりますね。

サイト内「豆腐 原料 大豆」を検索


2017 Jun 05 , 10:18 | 世間のニュース | 固定リンク | コメ (0) | TB (0)
<<平成29年(2017年)年はがき当せん番号発表

ライブコンサートにスタンド花を贈ってみよう!>>
 

コメントはありません。
| | URL | | |

* * *


※改行があるとエラーが出るかも知れないので、1行で書いていただけたら助かります









https://renkon.jp/blog/tb.php/1056
スパム対策のためリアルタイムには反映されない場合があります。
トラックバックはありません。
| | |

* * *


このページの先頭へ